第15回 かえるの会 日本画作品展 / コメントを書く
芝原広子 / URL / 添付 2017/10/24/Tue/13:21 (No.167)

  149,144 byte第15回 かえる 日本画作品展 
名古屋造形短期大学日本画科の18期卒業生で構成。
会期:10月24日(火) 〜 10月29日(日)
会場:彩雲堂(岡崎)
 

美学校 超・日本画ゼミ「すっぽんぽん画展」 / コメントを書く
谷島菜甲 / URL / 添付 2017/05/24/Wed/10:42 (No.164)

  287,020 byte「すっぽんぽん画」とは、「すっぽんぽん」(裸)と「日本画」を掛け合わせた造語です。「裸」とは服を着ていない生まれたままの姿のことですが、本展ではその「服」を「日頃頭を悩ませているもの」と定義しています。社会、宗教、政治、倫理、ジェンダーなど、複雑化した社会を生きている私たちですが、各自がそれを脱ぎ捨て、超・日本画ゼミでの学びをふまえ、「すっぽんぽん」の絵を描くことが今回のテーマです。

受講生は年齢も、今まで歩んできた経歴も異なります。そして、これから見据える方角もそれぞれでしょう。2016年度「超・日本画ゼミ」を受講し、日本画について思いを馳せていることにのみ、共通点を見出せるといっても過言ではありません。
展覧会「すっぽんぽん画展」はそんな私たちが1年の授業を経て、今まさに踏み出した第一歩目となる作品展です。
私たちの「すっぽんぽん画」を是非ご高覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
美学校 超・日本画ゼミ「すっぽんぽん画」展
会期:2017年5月27日(土)−6月7日(水)
時間:11:00−19:00(最終日は17:00まで)
休廊:日曜日
会場:TURNER GALLERY 1F
http://turnergallery.net/
---
出品者:上田聖子、キムラサユカ、向後真紀、小林加世子、島根怜爾、谷島菜甲、丹治真紀子
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<トークイベント>
「裸の付き合い〜すっぽんぽん画をめぐって〜」
出演:超・日本画ゼミ受講生+講師
---
(講師)間島秀徳、小金沢智、後藤秀聖
(ゼミ受講生)上田聖子、キムラサユカ、向後真紀、小林加世子、島根怜爾、谷島菜甲、丹治真紀子
---
日時:2017年6月2日(金)18:00−19:00
会場:TURNER GALLERY 1F
参加費:無料
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★オープニングパーティー
6月2日(金)19:00−20:00
※持ち込み大歓迎!
 

谷島菜甲 / URL / 添付 2017/05/24/Wed/11:06 (No.165)

  270,059 byteフライヤー(裏)  

谷島菜甲 / URL / 添付 2017/05/24/Wed/11:08 (No.166)

  10,047 byteフェイスブック展覧会ページ  

谷島菜甲展 −静かな世界を求めて− / コメントを書く
谷島菜甲 / URL / 添付 2017/05/10/Wed/16:53 (No.163)

  149,213 byte会期:2017年4月29日(土)-5月14(日)
会場:GALLERY IDF
時間:11:00-18:00(最終日17:00まで)
オープニングパーティ:4月29日(土)16:00-18:00
作家在廊日:4/29-5/7, 5/13-14

・Profile
1990 名古屋造形芸術短期大学 日本画コース 卒業
1991 名古屋造形芸術短期大学 日本画専攻科 修了

・Artist statement
わびさび(閑寂・枯淡・簡素)
私が求める「静かな世界」とは、ひっそりとした静けさのなかにありながら、豊かで奥深くそしてどこか寂しげ。それは私の行きたい(生きたい)世界であり、なかなか辿り着くことのできない聖域。

・Gallery statement
日本画の材料や流木を用い、平面にとどまらない自由な表現で
自身の求める世界を創り出す谷島菜甲の新作約10点を展示いたします。IDFにて久しぶりの個展となります。是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
 

ZEROTEN 2017 / コメントを書く
管理人 / URL / 添付 2017/05/03/Wed/23:10 (No.161)

  105,284 byteZEROTEN 2017
2017年4月29日(土)〜5月14日(日)会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日 PM6:00迄)
場所 ギャラリー龍屋「Space A+Space B」

※パーティー開催日は営業時間の変動、参加費の有無があります。
クロージングパーティー
2017年5月14日(日)PM6:00〜(日が変わるくらいまで)

出展作家「100人」のF0サイズの展覧会「ZEROTEN」が洋画26期よしだたつやさんのギャラリー龍屋にて開催中です。
下記の方々は名古屋造形出身とのことです。
野崎裕理、ヒラモトユミエ、いなみ、小島千明、Wakana.N、おーぢ☆、長尾明
投票で上位3名にはタツコン2017出展権を贈呈とのことです。
よかったら見に行って応援してあげてください。
 

管理人 / 添付 2017/05/03/Wed/23:11 (No.162)

  100,688 byteDMの宛名面です。  

『陶器で陽気な動物展』 / コメントを書く
管理人 / 添付 2017/03/20/Mon/18:17 (No.157)

  70,706 byte『陶器で陽気な動物展』
3月21日(火)まで 11時〜18時
松本良太 個展『陶器で陽気な動物展』
覚王山アパートギャラリーsoboにて
※最終日は17時まで
http://www.kakuozan.com/apartment/KAG_sobo/
 

管理人 / 添付 2017/03/20/Mon/18:19 (No.158)

  63,925 byteDM宛名面です。  

第16回全国障害者芸術・文化祭あいち大会にオカザエモンも出演 / コメントを書く
管理人 / URL / 添付 2016/11/30/Wed/17:33 (No.156)

  131,761 byte第16回全国障害者芸術・文化祭あいち大会
開催期間
2016.12.9 [金]–12.11[日]
*美術・文芸作品展は12.3[土]–12.11[日]
会場
愛知芸術文化センター
名古屋市民ギャラリー栄
ナディアパーク
名古屋栄三越
株式会社三井住友銀行SMBCパーク 栄
損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール

鈴木敏春氏がキュレータを務める企画。

http://www.powerofart-aichi.jp

12/4 トークイベントに鈴木敏春氏出演。
http://www.powerofart-aichi.jp/program/program-1516

12/10 15:30 オカザえもん トークイベント
http://www.powerofart-aichi.jp/program/program-1481
 

「喜好(よしよし)」 展  / コメントを書く
管理人 / URL / 添付 2016/11/30/Wed/17:15 (No.155)

  103,899 byte「喜好(よしよし)」 展 

美術家が二ヶ月の間、陶芸工房に通い、作品を作り上げた。
美術家が土を通して何を思い何を作るのか。

会期:2016年12月3日(土)〜12月24日(土)
会場:アートラボあいち大津橋(休館日:月、火)
   アートラボあいち長者町(休館日:日、月、火)
開館時間:11:00〜19:00
主催:名古屋造形大学、あいちトリエンナーレ実行委員会

参加作家:
山下拓也、小杉滋樹、斉と公平太、穴窯プロジェクト(丸山ナオト、小粥幸臣、堀田直輝、設楽陸、田島圭、楊珪宋、植松ゆりか)

*穴窯プロジェクト
名古屋造形大学がある愛知県小牧市大草地区は、古窯跡が117基ほど分布する篠岡古窯跡群にあります。篠岡古窯跡群の歴史は、7世紀の須恵器生産から始まります。その後、独自の灰釉陶器生産を経て、12世紀の山茶碗生産を最後に、途絶えました。本プロジェクトでは、美術家が、土による作品を制作し、名古屋造形大学に復元した穴窯で焼成します。1000年のときを経て 、新たにアートとしての大草焼が誕生します。
 

碧南・日常観察展 / コメントを書く
管理人 / 添付 2016/08/28/Sun/21:49 (No.153)

  155,676 byte碧南・日常観察展
2016.8/3(水)〜9/4(日)
[お休み 8(月)15(月)~17(水)22(月)29(月)]
8:30〜18:30

カフェ カノン
447-0846
碧南市中町2-16
tel 0566-48-7733

造形卒業生出品作品
エイの住む川 児玉桂子
碧南アイドル 小祠 お地蔵さん 武谷直子

その他詳しくはDM画像をご覧ください。

http://yagaiken.org/presentations/p-exhibitions/exhibition_hekinan-201608/
 

管理人 / 添付 2016/08/28/Sun/21:50 (No.154)

  92,568 byteDM宛名面です。  

GALLERY IDF 14周年記念展 / コメントを書く
谷島菜甲 / URL 2016/03/25/Fri/15:55 (No.150)

  造短日本画22期 谷島です。

名古屋でのグループ展に参加いたします。。
お時間ございましたら是非お越しください。
宜しくお願いいたします。

---
GALLERY IDF 14周年記念展
---
2016年4/9(土)−4/24(日)
open:11:00−18:00 LAST DAY:-17:00・CLOSED:火/tue
※14th anniversary party:4/9 sat pm4:00−6:00
---
〒465-0051
名古屋市名東区社が丘1-201 IDFビル2F
TEL:052-702-1206
---
出品作家
青山ひろゆき/浅野秀和/麻生志保/安藤邦子/安藤誠一郎/飯田キリコ/イクタケイコ/伊藤香奈/柏原真美子/川合治子/斉藤量子/酒井陽一/坂本太郎/佐藤香菜/鈴木里菜/谷島菜甲/茶谷麻里/辻恵/テラオハルミ/生川和美/濱田樹里/平松絵美/福村友希/萬美来子/脇谷内里絵
---
【Gallery statement】
早いもので2002年にオープンしましたGALLERY IDFはこの3月末に丸14周年を迎え、15周年目を迎えます。
これもひとえに日頃からIDFにご理解ご協力いただいている皆様方のお陰と心から御礼申し上げます。
この14周年の節目に、これまでの道のりを振り返りながら、そしてこれからまた前進してゆくために、GALLERY IDF 14周年記念展を開催いたします。
IDFが共に歩んできた素敵な作家達の作品を一同にご覧いただける機会にもなりますので、是非お運びいただけましたら幸いです。
これからもご指導ご鞭撻いただきますようお願い申し上げます。
GALLERY IDF/代表 竹松千華
 

谷島菜甲 / URL / 添付 2016/03/25/Fri/16:02 (No.151)

  127,307 byteDM表  

谷島菜甲 / URL / 添付 2016/03/25/Fri/16:02 (No.152)

  80,562 byteDM裏  

美学校 超・日本画ゼミ「神保町から来ました、」 / コメントを書く
谷島菜甲 / URL 2016/03/24/Thu/16:23 (No.147)

  造短日本画22期 谷島です。
東京神保町にあります美学校「超・日本画ゼミ」を2015年に受講。
そのゼミ生によるグループ展を開催いたします。

会期中お近くへお越しの際は、ぜひお立ちよりください。
宜しくお願いいたします。

---
美学校
超・日本画ゼミ「神保町から来ました、」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
神保町から来ました、美学校「超・日本画ゼミ」四期生です。
約1年間の授業を経て私たち8人が、今まさに大きく踏み出
した第一歩目となる作品展を開催します。
その作品たちは、日本画を超えようとしていることは間違い
ありません!
ご高覧どうぞ宜しくお願い致します。

             「超・日本画ゼミ」四期生一同
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
安藤 和葉/板宮 佐輝子/小林 加世子/櫻井 美佳/
谷島 菜甲/丹治 真紀子/堀内 陽子/堀本 陽 /
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会期:2016年4月24日(日)− 5月2日(月)
時間:10:00−18:00(最終日は15:00まで)
休廊:4月28日(木)
会場:四谷三丁目ランプ坂ギャラリー ランプ1・2
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば CCAAアートプラザ
 tel 03-3359-3413 

Opening Party:4月24日(日)15:00〜 ※持ち込み大歓迎



○トークイベント
----------------------------------------------------------------------
超・日本画ゼミの現場 / 超・日本画ゼミ講師 間島 秀徳 + 小金沢 智
-------------------------------------------------------------------

日時:2016年4月29日(金・祝日)13:00−14:30
会場:四谷三丁目ランプ坂ギャラリー ランプ2
参加費:無料


超・日本画ゼミとはなんなのか?
日本画教育のオルタナティブ ― 日本画塾(早見芸術学園造形研究所 1995〜2011)
で教鞭をとり、2012年から美学校で超・日本画ゼミを開講する間島秀徳が、その思
想と実践の現場を、同じく講師をつとめる小金沢を聴き手にお話しします。
 

谷島菜甲 / URL / 添付 2016/03/24/Thu/16:25 (No.148)

  228,072 byteゼミ展フライヤー(表)  

谷島菜甲 / URL / 添付 2016/03/24/Thu/16:25 (No.149)

  206,350 byteゼミ展フライヤー(裏)  


名前
Eメール
URL
題名
本文
本文の色 / / / / / / / /
ファイル
削除キー


事務局からのお知らせトピックス掲示板展覧会リンク
「造形」誌紹介名古屋造形の歴史同窓生のお店紹介

Copyright (C) 1999-2006 名古屋造形同窓会